Hatena::Groupgeass

紅蓮聖天八極式

紅蓮聖天八極式

紅蓮聖天八極式

[Guren S.E.I.T.E.N. / EIGHT ELEMENTS]

型式番号Type-02/F1Z
全高5.24m
重量8.17t
装備エナジーウィング輻射波動腕、スラッシュハーケン×2、メーザーバイブレーションソード、ミサイル発射機構

鹵獲した紅蓮可翔式キャメロットが強化改造を施したKMF

ロイドセシルの趣味に走った魔改造の結果、常人には乗りこなせない代物となってしまった。逆に言えば、使いこなせるパイロットさえいればその機体性能は現時点で最強と言っても過言ではなく、スペック上はランスロット・アルビオンすら上回る。


具体的には、基本的な機体出力が劇的に向上した他、エナジーウィングによる超高速飛行が可能となり、輻射波動ハドロンブラスターを完全に受け止めてしまうほどの出力となった。

更に、ロケットハーケンハーケンブースター化で有線遠隔操作が可能となった上、そのまま輻射波動が撃てるようになっている。また、胸部一基だったスラッシュハーケンが両肩に各一基装備され、円盤状の輻射波動砲弾を回転射出し斬撃に近いダメージを与えられるようになるなど、攻撃のバリエーションが豊富になった。


ちなみに聖天八極式という名前は、"Superlative Extruder Interlocked Technology Exclusive Nexus / EIGHT ELEMENTS"を咲世子が無理矢理日本語に直したものである。ただし、文字の繋がりとしては"S.E.I.T.E.N."までで一旦切れており、"EIGHT ELEMENTS"は"ENERGY WING POWER STATUS"にかかっているように見える。

本来の起動画面からインターセプトされてキャメロットのOSが起動するようになっているが、インターセプトの画面で何故か猫、狐、兎、犬のアイコンが登場しており*1セシルの自己主張が窺える。


ダモクレスではランスロット・アルビオンと最後の死闘を繰り広げ、半壊・機能停止に陥ったが、その寸前、最後の一撃でランスロットを大破させることに成功した*2


* [機械][か行][反逆]

*1:c.f.f:id:retla:20080811075127j

*2:なおこの時OSのシャットダウン画面では"S.I.T.E.N."と何か足りない表示が出た。